愛知県にて福祉・介護関連の仕事をお探しの方を中心とした求人サイトです

福祉の仕事

どのような仕事があるか簡単にご紹介

施設の介護職(ケアワーカー、ケアスタッフ、介護職員、介助員)

職場と仕事の内容

高齢者福祉施設や障害者福祉施設などの社会福祉施設、老人保健施設や療養型病床など病院や医療施設で働く介護職は、高齢者や障害者の日常生活の自立を支援するサービス提供の中心を担う職種です。
食事や入浴、排泄、衣服の着脱や移動など、利用者の生活全般にわたって必要な援助を行います。また、散歩や買い物を援助したり行事やレクリエーションを実施することや、利用者の家族に介護方法のアドバイスを行うことも大切な仕事です。
資格
この職種に対応する国家資格として介護福祉士があります。 ただし、介護福祉士でなければこの職種につけないわけではありません。 無資格でもよいという求人もありますが、介護福祉士・訪問介護員養成研修の2級課程修了を要件とする求人が増えています。

訪問介護員(ホームヘルパー)

職場と仕事の内容
訪問介護員は、在宅の高齢者や障害者宅を訪問して、介護サービスや家事援助サービスを提供する職種です。介護サービスとは食事や入浴、排泄、衣服の着脱や移動などの支援です。
家事援助サービスとは、調理、洗濯、掃除、買物などの援助や代行です。利用者本人や家族への精神的ケアを行うほか、家族に介護の技術的な指導を行うことも大切な仕事となっています。
在宅生活の支援は、さまざまな専門職や機関によるサービスを組み合わせて行われます。そこで訪問介護員も単に自分に与えられた仕事を行うだけでなく、他職種の業務や各種の制度についての基本的知識や連絡、調整能力も求められるようになってきています。 なお、訪問介護員の介護保険制度における正式な名称は「訪問介護員」です。
ホームヘルプ事業は、要支援・要介護者(要介護認定で要支援・要介護と認定された人)については介護保険制度で、その他は市町村からの委託で運営されています。 介護保険制度の訪問介護事業を実施している法人はさまざまで、従来から中心的に担ってきた市町村社会福祉協議会、その他の社会福祉法人に加え、医療法人、営利法人、生協、農協、NPOなどがあります。
資格
訪問介護員になるには、都道府県や市町村をはじめ、各種の団体で実施している訪問介護員養成研修を修了することが必要です。
訪問介護員養成研修は、3級課程(50時間)から受講できますが(2009年度をもって廃止されます。)、2級課程(130 時間。3級修了者は104 時間。)から受けることもできます。1級課程は2級課程修了者が受講することができます(研修時間は230時間)。
なお、介護福祉士資格取得者は、1級課程修了とみなされるため、この養成研修を受ける必要はありません。 また、介護職員基礎研修を受講するコースも新たに設けられています。(500時間:2006年10月以降)

生活相談員・生活支援員

職場と仕事の内容
主な職場は、高齢者福祉施設、障害者福祉施設です。
介護職員が配置されている施設では1~2名と配置が少なく、利用者の方の相談援助のほかに、入退所の手続きや家族との連絡調整、サービス計画立案などを主業務としています。 介護職員が配置されていない施設では、直接利用者の生活援助や訓練にあたります。
資格
社会福祉主事任用資格が必要とされる職場は、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、身体障害者療護施設、救護施設、更生施設です。 なお、実際の求人では社会福祉主事任用資格を求める場合も多く、さらに最近では社会福祉士資格を採用条件にする職場が増えています。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

職場と仕事の内容
介護支援専門員は、介護保険事業を行う高齢者施設・居宅サービス事業所で、ケアプラン(介護支援計画)を作成し、連絡調整を行う職種です。
職場は、施設と居宅(在宅)サービス事業所の2系統にわかれます。
施設…特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型施設 居宅…訪問介護(ホームヘルプ)、通所介護(デイサービス)、グループホーム、訪問入浴等。
資格
介護支援専門員は、保健・医療・福祉の各種専門資格及び実務経験を有する者の中から養成するという考え方ですので、まず、これらの資格を取得し、5年間(ベースとなる資格によっては10年間)の実務経験を積むことが必要です。
このうえで、介護支援専門員実務研修を受けるための試験(介護支援専門員実務研修受講試験)を受験・合格し、研修を修了することが必要です。
【ベースとなる保健・医療・福祉の専門資格】
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養士を含む。)、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格、ホームヘルパー養成研修2級課程

看護師

職場と仕事の内容
看護師はほとんどすべての分野の社会福祉施設、在宅サービスの事業所で働いています。
施設、在宅いずれの場合も、高齢者や子ども、障害をもつ人々の健康管理や疾病治療、衛生管理を行い、利用者の健康を医療の面から支える役割は共通しています。
そのうえで、福祉施設では施設全体の医療機関との調整や衛生管理の責任を担い、医療知識や衛生管理についての他の職員への研修なども行います。在宅サービスでは、医療施設がない在宅での健康管理のアドバイスを行うことや、在宅生活を支えるための適切なサービス提供をコーディネートすることから、相談援助の技術が求められ、ほかの分野の専門職や援助機関との連携も重要な仕事になります。
このように、福祉分野での看護職には、看護職としての知識や技術をもとに、利用者やその家族が生活場面での健康管理ができるよう相談助言をする力、他の専門職と協働する力がより求められるといえます。
資格
看護職として就業するためには、看護師資格(保健師、助産師)、准看護師資格が必要です。
看護師になるには、高校卒業後、看護系の大学、短大、看護学校などを卒業した後、国家試験を受け、資格を取得する方法が一般的です。また、中学卒業後に准看護学校で学んで准看護試験に合格したのち看護学校などでさらに学び、国家試験を受ける方法もあります。

理学療法士・作業療法士

職場と仕事の内容
理学療法士(PT/physical therapist)は、何らかの原因で身体の機能に障害をもった人に、筋力の増強などの運動療法、温熱・電気などを使った物理療法を中心に施し、日常生活を送るうえでの基本的な動作能力の回復や機能低下の予防を図ります。
作業療法士(OT/occupational therapist)は、何らかの原因で身体の機能に障害をもった人に、工作や手芸などの作業、生活動作の訓練などを通じて、機能の回復や機能低下の予防を図ります。
このようにそれぞれの専門領域は異なりますが、福祉施設では、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、身体障害者療護施設、重度身体障害者更生援護施設などへいずれかの配置が規定されています。 また、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンターなどの老人福祉施設でも施設によって配置している場合があります。 介護職員や相談員・支援員等他の職種と連携しながら、生活場面のなかでの日常生活動作訓練、作業訓練、ケアプランの策定などの役割を担います。
資格
理学療法士、作業療法士いずれも国家資格で、高校卒業後、専門の養成校において3年以上専門知識や技能を修得したのち、国家試験に合格することが必要です。養成校は、4年制の大学、3年制の短期大学と専門学校があります。

栄養士

職場と仕事の内容
栄養士は、献立の作成、食材の発注、調理員に対する栄養に関する知識の向上などの指導、給食施設の衛生管理、利用者食生活の改善や指導にあたります。
資格
栄養士になるには、厚生大臣の指定する栄養士養成校で所定の課程を履修し卒業することが必要です。卒業者に都道府県知事より栄養士資格が与えられます。養成校には、大学、短大、専門学校があります。

調理員

職場と仕事の内容
調理員は、栄養士の作成した献立により実際の食事づくりにあたり、利用者に食べる楽しみを提供します。
一度に多量の食数を作る点が違います。 材料の仕込みや味付け、大型の調理器具の使用など大量給食ならではの知識や技術が求められます。 また、飲み込みづらい、むせやすい方などのために、その人の状態に合わせた食べやすい調理方法を工夫したりもします。
資格
調理員には、資格がなくてもなることができますが、調理師免許を条件にした求人も多くなっており、調理師免許を取得すれば就職に有利です。
調理師免許は、厚生大臣の指定する調理師養成校で所定の課程を履修し卒業すれば与えられます。 また、給食センターや飲食店などで2年以上の調理経験を積めば、各都道府県が行う調理師試験を受験することができます。

その他

ほかにも施設を管理、維持していくためにボイラーの管理や洗濯、清掃、また、通所サービスの利用者を送迎するための運転や夜間の宿直などの多くの仕事があります。
こうした仕事を担当する人の職名や採用条件は職場によってさまざまです。非常勤職員として採用する場合も多くなっています。